もっと知りたい!ダイヤモンド!

ダイヤモンドの知りたいことがまるわかり!

ダイヤモンド買取で知るダイヤの歴史と豆知識

ダイヤモンドは、地球上で最も硬い石であり、その輝きは永遠とも呼ばれています。その発祥はインドと言われており、古代ギリシャ・ローマ時代にすでに存在していました。ダイヤモンドの歴史をたどると旧約聖書にすでに記されていたとも言われています。長い長い歴史の中でダイヤモンドはいろいろな物語を紡いできたのでしょう。その輝きと強さは、さすが宝石の中の王というのも納得できます。

最近では、ダイヤモンド買取店でちょっとした豆知識を仕入れる人もいるようです。ダイヤモンドの豆知識1としては、まずダイヤモンドの選び方、これを知っておくとよい買い物ができるでしょう。ダイヤモンドの4つのCをご存知でしょうか。ダイヤモンドの4つのCとは、カラー(色)、クラリティ(透明性)、カット、カラット(重さ)のことです。この4つのCのそれぞれについて、細かく等級分けがされます。これにより、ダイヤモンドの価値が決まります。ダイヤモンドの鑑定書にはこれらが書き込まれ、ダイヤモンド買取の際の目安になりますので、大切に保管しておきましょう。

女性がダイヤモンドを前にして、一番気になること、それは輝き、つまりカットではないでしょうか。どんなに小さなダイヤモンドでもこのカットが繊細であるならば、鋭い光を放ち、見るものをハッとさせ魅了します。予算内のダイヤモンドを並べてみているうちに、わからなくなってしまうことがあります。そんなときは、一番自分がその輝きにひきつけられると感じたものを選べば間違いないでしょう。

次に重さです。1カラット以上の大きさのダイヤモンドであれば、多少ほかの部分で劣っていても、ダイヤモンド買取では価値があると評価されます。これが豆知識の2です。クラリティについては、傷があるかないかということに左右されます。肉眼で見える傷があるものは残念ながら、ダイヤモンド買取でも価値が下がってしまいます。

次にカラーです。カラーのランクは、最高のものがDでSまでの16段階があります。しかし、カラーについては、あまりこだわらなくても自分が美しいと思えば、ダイヤモンド買取の観点では問題ありません。最初から、ダイヤモンド買取を意識して、買い物するという事はないかもしれませんが、ダイヤモンド買取の観点からの知識があれば、いざ売るときにも損をすることはありません。少しでも大きなカラットのダイヤモンドを買っておくことにこしたことはありません。

ダイヤモンド買取「ジュエリーファン」 - 出張買取や宅配買取での送料・査定料全て無料です

更新情報

2014/12/10
色がついているカラーダイヤモンドもダイヤモンド買取されます。

2014/12/10
色がついているカラーダイヤモンドもダイヤモンド買取されます。

2014/12/10
鉱物学からみたダイヤモンド買取と性質

2014/12/10
インドで発見されてから歴史のあるダイヤモンド買取

2014/12/10
ダイヤモンド買取の知識。伝説のホープダイヤ

2014/12/10
ダイヤモンド買取で知るダイヤの歴史と豆知識

2014/12/10
シンチレーションやファイヤーがダイヤモンド買取での価格を左右する!

2014/12/10
色がついているカラーダイヤモンドもダイヤモンド買取されます。

2014/12/10
鉱物学からみたダイヤモンド買取と性質

2014/12/10
インドで発見されてから歴史のあるダイヤモンド買取

Copyright(C)2014 もっと知りたい!ダイヤモンド! All Rights Reserved.