もっと知りたい!ダイヤモンド!

ダイヤモンドの知りたいことがまるわかり!

ダイヤモンド買取の歴史知識。16億年前にマントルで最も盛んに生成

ダイヤモンド買取の知識には、ダイヤの歴史に関する物も含まれています。その1つが、ダイヤモンドの起源です。地球におけるダイヤの始まりは今から45億年前、地球内部のマントルの中でした。マグマに含まれる炭素が、高温高圧に晒されて結晶が誕生したのがダイヤの原石の始まりです。特に盛んに生成されたのは今から16億年前とされています。

かつて地表の奥にあったダイヤは火山活動と共にマントルから地表へと移動して、マグマが冷えるに従って岩石の中に取り残されました。現在、世界各地の鉱山で採掘されるダイヤは、この火山活動によって作られた物なのです。

現在、発見されているダイヤの年代を測定すると、一番古い物で45億年前、最も新しい物でも1億2万年前に生成された物である事がわかっています。世界最大のダイヤ原石が発見された事で有名な、カリナン鉱山での測定で判明した事実です。この時に年代を測定した45億年前のダイヤは世界最古のダイヤであると同時に、世界最古級の鉱物の1つである事を意味します。

例外的な物では、60億年前に生成されたダイヤも発見されています。これは地球の年齢が45億5千万歳とされているのに反するようですが、このダイヤは地球の外で生成された物です。地球ができあがった後に隕石として飛来し、人類に発見された結果、60億年前のダイヤが地球に存在します。

一方、記録に名が残る、世界最古のダイヤは「コイヌール」と言われています。コイヌールはダイヤモンド買取の世界でもよく知られている巨大ダイヤです。インドのゴルコンダで発見されて以来、数々の王達の手に渡り、時にはダイヤの所有権を巡って悲劇を生み出して来ました。インドの神話的叙事詩「バハーマーラタ」に登場する伝説のダイヤであるとも言われ、現在はイギリス王室の女王の王冠に飾られています。

コイヌールが発見された時期は定かではありませんが、所有者として名前が明らかになっている人物が生きた時代でも14世紀頃です。また、ダイヤモンド買取の世界で知られる他の有名なダイヤモンドの数々も、発見されたのは古くても100年や200年程度前に過ぎません。ダイヤは生成されてから人類に発見され利用される様になるまで、数十億年の間、ずっと岩の中にあった事になります。

ダイヤモンド買取の場では、日々、数多くのダイヤモンドが査定されています。ダイヤモンド買取の専門家が手にするダイヤの全ては1億年、あるいは10億年単位の遥か昔に生成された物です。ダイヤを目にする時は、地球上に生命が誕生する遥か以前に作られた物である事を思い出してみると、より味わい深いものになるかもしれません。